豊田通商、北米にて天然ガス焚き火力発電所の第一号案件が稼働

更新1212

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 豊田通商、北米にて天然ガス焚き火力発電所の第一号案件が稼働

豊田通商、北米にて天然ガス焚き火力発電所の第一号案件が稼働

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年05月05日 19:00

北米市場に重点
豊田通商は、5月2日、米国ニュージャージー州のショア天然ガス焚き火力発電所(以下、ショア発電所)の商業運転を2016年1月に開始したことを発表した。

同社では、現在、北米地域の電力事業分野に力を注いでおり、参画する北米電力事業は、合計6件、総発電容量4,155MWに上るとされる。

第一号案件が稼働
ショア発電所は、米国発電デベロッパーであるCompetitive Power Ventures Holdings, LLC が開発した発電容量720MWの天然ガス焚き火力発電設備で、同社は2013年9月にこのプロジェクトに参画。

同社にとって北米最大の電力卸売市場向け発電所第一号案件と位置付けられ、今後30年以上にわたり、北米最大の電力卸売市場である独立系統運用者を通じて、米国北東部に電力を供給する計画だ。

今後も北米の発電事業を推進
同社は、今後も再生可能エネルギーや天然ガスを利用した発電事業を北米市場にて積極的に推進していく方針だ。

なお、今回の商業運転に伴い、4月25日、同社は開所式を実施。開所式には、ニュージャージー州環境局長のマーティン氏、ウッドブリッジ市長のマコーマック氏らが出席した。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

豊田通商 プレスリリース
http://www.toyota-tsusho.com/press/detail/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る