災害時の停電でも大手町全域のオフィスを守るプラント完成

更新526

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. 災害時の停電でも大手町全域のオフィスを守るプラント完成

災害時の停電でも大手町全域のオフィスを守るプラント完成

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月29日 14:00

災害時の停電でも、72時間冷暖房の熱源を供給
丸の内熱供給は4月27日、大手町連鎖型都市再生プロジェクト第3次事業「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」において、冷暖房熱源を供給する「大手町グランキューブサブプラント」を竣工したと発表した。

「大手町フィナンシャルシティグランキューブ」は、大手町全域のBCD機能にカバーする、「防災拠点機能ビル」の役割を担う高度防災ビル。

「大手町グランキューブサブプラント」は防災機能の一つとして、大地震などによる停電時にも、冷暖房の熱源を72時間供給し、業務継続を可能にする。

大手町内の3つのプラントが相互バックアップで連携
丸の内熱供給は大手町・丸の内・有楽町エリアに冷暖房の熱源を供給するために、三菱地所などエリア内の地権者が中心となって、1973年に設立された。

丸の内熱供給は大手町連鎖型都市再生プロジェクトにおいて、既に「大手町カンファレンスセンターサブプラント」と、「大手町フィナンシャルシティサブプラント」を設置している。

今回完成した「大手町グランキューブサブプラント」を含む、これら3つのプラントは、配管によって相互バックアップができるように設計されており、熱源供給ネットワークがより強固になった。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

丸の内熱供給株式会社のプレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm

丸の内熱供給株式会社のホームページ
http://www.marunetu.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る