フジタ、3D視覚化で覆工コンクリート施工を管理する新システムを開発

更新925

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. フジタ、3D視覚化で覆工コンクリート施工を管理する新システムを開発

フジタ、3D視覚化で覆工コンクリート施工を管理する新システムを開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年04月27日 06:00

3Dビジュアル化で覆工コンクリート施工を管理
フジタは4月25日、覆工の打ち込み状況をリアルタイムに3Dで可視化する「覆工コンクリート施工管理システム」を開発し、福島県相馬市の円渕トンネル工事に採用したと発表した。

開発したのは覆工ウォッチャーと、圧力ウォッチャーを用いて、コンクリートの打ち込み位置とセントルにかかるコンクリートの圧力を測定し、施工状況をリアルタイムに3D表示させるシステム。

大型画面で施工状況を総合的に視覚化
覆工ウォッチャーでは、コンクリートの打ち込み状況が詳細に視覚化される。ウォッチャーを確認しながら打ち込みステップや、打ち込み速度を計画通りに進められるため、打ち重ね時間などの管理に役立つ。

圧力ウォッチャーでは、セントルに作用する圧力の状況をリアルタイムに監視できる。これによってコンクリートの密充填が可能となり、天端部の空隙発生を防止する。

今回開発された「覆工コンクリート施工管理システム」を使えば、復興コンクリートの施工過程を総合的に可視化できるため、誰でも簡単に施工状況を把握できるようになった。

今後は、トンネル工事に積極的に採用し、高品質な覆工技術を提供するするとともに、システムを活用して更なる自動化・省力化を目指すとしている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社フジタのプレスリリース
http://release.nikkei.co.jp/detail

株式会社フジタのホームページ
http://www.fujita.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る