国立公園初!DENGYOが「観光・防災Wi-Fiステーション」を設置

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 国立公園初!DENGYOが「観光・防災Wi-Fiステーション」を設置

国立公園初!DENGYOが「観光・防災Wi-Fiステーション」を設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月31日 18:45

平常時も災害時も利用可能
日本電業工作(以下、DENGYO)は、12月28日、シーテックと中部山岳国立公園 栂池自然園(長野県北安曇郡小谷村)に、「観光・防災Wi-Fiステーション」を設置したことを発表した。

この取り組みは、国内初となる国立公園における公衆無線LAN環境の整備。平常時には、観光案内等の情報を得ることができるうえ、カメラ映像による見守りや現地の状況確認に利用することができる。

また、災害時には、観光客や住民への情報、避難状況や現場の状況をリアルタイムで確認できるようになるという。

システムの概要
今回、栂池自然園内に設置した、「観光・防災Wi-Fiステーション」は、太陽光パネルによる自立電源での運用のため、容易に移動できるのがメリット。期間限定でのWi-Fiエリアが構築できるうえ、配線等を気にすることなく設置可能だ。

具体的には、DENGYOが開発した業界トップクラスを誇る低消費電力の長距離無線LANシステム「FalconWAVE2.4G」を搭載。

また、基幹のバックホール回線には、村営光ファイバー網を利用して、小谷村付近の栂池体育館から栂池山荘までを中継する「FalconWAVE4.9G-MP」を設置したことにより、大容量データの伝送を可能にした。

今後の展開
今回のシステム設置は、今後年々増加する観光客へのサービス向上と、災害時の通信インフラに貢献するものと期待が寄せられる。

なお、DENGYOは、これまで培ってきたアンテナ技術を基盤に、今後も需要性の高い「観光・防災Wi-Fiステーション事業」を推進していく方針だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日本電業工作 プレスリリース
http://www.den-gyo.com/news/pdf/20151225.pdf

シーテック ホームページ
http://www.ctechcorp.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る