窓ガラスに貼って室内を2倍明るくする「DNP採光フィルム(現場施工用)」発売

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 窓ガラスに貼って室内を2倍明るくする「DNP採光フィルム(現場施工用)」発売

窓ガラスに貼って室内を2倍明るくする「DNP採光フィルム(現場施工用)」発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年12月11日 17:30

新築・既築の窓ガラスに貼り付けるだけ
大日本印刷株式会社(DNP)は、窓から入る太陽光を効果的に反射、拡散させ、部屋全体を明るくする採光フィルムのラインナップに、既存の窓ガラスに貼り付けるだけで、同様の効果が得られる新製品を追加。2016年1月に販売を開始する。

省エネルギー対策として、リフォーム時や既築の住宅の窓に貼る窓用フィルムは、遮熱や断熱などの熱制御機能を重視した製品がよく知られている。

しかし、近年は日中の室内を明るくするために、太陽光を効果的に採り入れ、消費電力の削減につながる採光フィルムにも注目が集まっている。

同社は、これまでディスプレー向け光学フィルムなどで培った光学設計や微細加工の技術を活かし採光フィルムの開発を進めてきた。今回、要望の高い既存の窓ガラスに貼り付けるタイプの採光フィルムを開発。専門業者が現場で容易に貼れる仕様は多くの需要に応える。

DNP採光フィルム(現場施工用)の特長
効率的な採光ができるため、既存の窓ガラスに貼り付けるだけで、日当たりの悪い北側の窓でも、使用前と比べて室内の明るさが2倍に向上。照明エネルギーを13%削減できる。

光を反射・拡散させる機能は、フィルムの表面ではなく内部に構成し、表面の平滑化に成功。これにより窓への貼り付けが容易になり、拭き取り掃除も簡単に行える。またガラスにフィルムを貼ることで、破損した際のガラスの飛散防止につながり安全だ。

さらに最表面に硬度の高いハードコート剤をコーティングすることで傷がつきにくく、紫外線を99%カットし、光による黄変などの劣化も少ない。

フィルム表面の光を拡散させる層により、透明なガラスに貼り付けると、すりガラス調になりプライバシー効果が高められる。

同社は、10月に新築向け「DNP採光フィルム(合わせガラス用)」を発売し、同製品をラインナップに追加したことで、新築と既築のどちらへも対応が可能になった。

これにより、同社は、2017年度までに累計30億円の売り上げを目指し、これからも太陽光を有効活用し、より取り付けが容易な採光フィルムの開発などを進める計画だ。

なお「DNP採光フィルム」は、12月10日(木)~12日(金)に東京ビッグサイトで開催される「エコプロダクツ2015」のDNPブースに出展される。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

大日本印刷 プレスリリース
http://www.dnp.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る