北陸電力グループ、「三国風力発電所」に着工

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 北陸電力グループ、「三国風力発電所」に着工

北陸電力グループ、「三国風力発電所」に着工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年11月18日 21:00

北陸電力の子会社・日本海発電が開発・運営
北陸電力は11月16日、「三国風力発電所」の建設工事を開始したと発表した。北陸電力の100%子会社で、水力・風力発電を手掛ける日本海発電が開発・運営を行い、2017年1月の稼働を目指す。

建設地は、福井県坂井市三国町黒目及び米納津地内の総合公園「テクノポート福井」内の北陸電力の所有地。

総出力量は8,000キロワット
2,000キロワットの風車を4基設置し、電力出力量は総計8,000キロワット。1年間の予想発電電力量は、一般家庭約4,000世帯の年間使用電力量に相当する1,440万キロワット時。1年間のCO2削減量は8,800トンを見込む。

11月16日から連系用変電設備工事を開始し、来年1月ごろから風車基礎工事に取りかかる。風車組み立て工事の開始時期は、2016年8月頃となりそうだ。

北陸電力では現在、「碁石ヶ峰風力発電所」(石川県鹿島郡中能登町)と、「輪島風力発電所」(石川県輪島市)を運営している。いずれも石川県より譲り受けたもの。

また、子会社の日本海発電は「福浦風力発電所」(石川県羽昨郡志賀町)の開発・運営を手がけている。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

北陸電力株式会社、日本海発電株式会社のプレスリリース
http://www.rikuden.co.jp/press.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る