除染土のうを輸送する際の計画策定に利用「輸送統合管理システム」を開発、奥村組

更新723

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 除染土のうを輸送する際の計画策定に利用「輸送統合管理システム」を開発、奥村組

除染土のうを輸送する際の計画策定に利用「輸送統合管理システム」を開発、奥村組

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月18日 05:00

貯蔵施設へ運搬する際の計画策定
株式会社奥村組と伊藤忠テクノソリューションズ株式会社は10月16日、除染土のうを指定の貯蔵施設へ運搬する際の計画策定に使える「輸送統合管理システム」を共同で開発したと発表した。

現在、仮置きされている除染土のうは、今後、指定の貯蔵施設へ運搬されることになる。だが、仮置き場所が広範囲にあるうえに、運搬数量も膨大であるため円滑に進めていくためには数量や放射線量等を管理し、周辺環境への影響についても注意しながら短期間で輸送を完了させなければいけない。

輸送統合管理システムを開発
今回開発されたシステムは、災害廃棄物の破砕選別や大型除染、震災復興業務において、奥村組がと伊藤忠テクノソリューションズ共同で開発し導入した「業務支援システム」を発展させたものだ。

このシステムを利用すれば除染土のうや運搬車等に関する情報の管理について効率化することができ、さらに作業時間を短縮するための輸送順序と運行ルートを選定することも可能だ。

このシステムではまず、土のうに内容物や発生場所、放射線量等の情報を記録したRFIDタグを作成し貼付。これを搬出時にリーダーで読み取りデータを自動的に収集することによって、正確な数量や放射線量を把握できるようになる。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

株式会社奥村組 ニュースリリース
http://www.okumuragumi.co.jp/news/2015/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る