高強度材を用いた露出柱脚工法「NCベースP」登場

更新527

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 高強度材を用いた露出柱脚工法「NCベースP」登場

高強度材を用いた露出柱脚工法「NCベースP」登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月09日 17:00

中低層建築物への高強度鋼管柱に使える「NCベースP」
日本鋳造とJFEスチールは、高強度の露出柱脚工法「NCベースP」を共同開発し、10月15日より日本鋳造から発売する。

「NCベースP」は中低層建築物への高強度鋼管柱として利用できるように、適用範囲をF値385ニュートン毎平方ミリメートル以下にまでに拡大した。露出柱脚工法でこれだけの許容応力度に対応するのは、日本初となる。

「NCベースP」の開発によって、柱の薄肉化や上下階の柱径統一が可能になり、コストが削減できる。また、柱の細径化によって、居室面積が広がるメリットもある。

高強度TMCP鋼材を採用し、強度を向上
中低層建築物の柱脚部には、露出柱脚工法が採用されるのが一般的だ。

日本鋳造では、露出柱脚工法の「NCベース」を手がけているが、柱を細くするために、さらなる高強度化が求められるようになった。

これまで、露出柱脚工法で使用するベースプレートは鋳鋼製だったが、今回JFEスチールが開発した550ニュートン毎平方ミリメートルの高強度TMCP鋼材を採用することで、柱の強度を高めることに成功。2015年3月31日付けでベターリビングの認証を取得した。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

日本鋳造株式会社、JFEスチール株式会社のニュースリリース
http://www.nipponchuzo.co.jp/Press.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る