ツーアクションの樹脂窓「APW430」を発売、YKK AP

更新329

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建築設備、ビル設備>
  4. ツーアクションの樹脂窓「APW430」を発売、YKK AP

ツーアクションの樹脂窓「APW430」を発売、YKK AP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月06日 08:00

2つの開け方が可能な窓を開発
YKK AP株式会社は、樹脂窓「APW430」のツーアクション窓を10月5日から発売を開始した。

YKK APの独自調査によれば、窓辺においての冬の寒さや夏の暑さ、結露などに悩んでいるという声や、住宅の2階以上の窓清掃に対する不安、そして防犯についてなど、窓について困っているという意見が多かった。

そのためこのような声に応えることができる、新しい窓をYKK APは開発した。それが樹脂窓「APW430」ツーアクション窓だ。

掃除のしやすさと安全面に配慮
この窓はハンドルを90度回転させることによって室内側に倒すことができる「内倒し」と、180度回転させることで室内側に開く「内開き」の2つの操作を行うことができる。

「内倒し」の場合は障子(窓のガラス面)が手前に傾いて開くようになっているため、自然換気が可能だ。またそれ以外にも小雨や防犯にも配慮している。「内開き」の場合は障子が室内側に開くようになっているため、窓の外側を簡単に掃除することができる。

両方とも室内側に開くような仕様になっているため、室外に身を乗り出すことなく操作することができ、掃除や小さな子どもがいる家庭でも安全だ。

そのうえ室外側に「アウターシェード」や「多機能ルーバー」など、窓まわりのオプション商品を取り付けることも容易だ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

YKK AP株式会社 ニュースリリース
http://www.ykkap.co.jp/company/japanese/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る