日立キャピタルなど3社、風力発電分野における共同事業を開始

更新226

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 日立キャピタルなど3社、風力発電分野における共同事業を開始

日立キャピタルなど3社、風力発電分野における共同事業を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年10月01日 14:45

3社で風力発電事業を実施
日立キャピタルおよび日立製作所(以下、日立)は、9月29日、西部ガスと、「風力発電事業」を共同で実施することに合意したことを明らかにした。

なお、西部ガスによる風力発電事業への取り組みは今回が初めてだ。

事業概要
今回の合意に基づき、日立キャピタルと日立の共同出資会社である「日立ウィンドパワー」と、西部ガスの子会社である「エネ・シード」が、共同事業会社「エネ・シードウィンド」を設立した。

同社は、今後、福岡県北九州市に、日立の低風速域対応2MWダウンウィンド型風力発電システム「HTW2.0-86」2基を設置し、2017年3月の運転開始を目指し、風力発電所を建設することになる。

なお、日立キャピタルが西部ガスとの共同事業実施のためのサポートを手掛け、日立が風力発電システムの設計・建設・保守を担当するという。

3社の強みを生かして
今後も風力発電分野は、拡大していくことが予想される。

3社はそれぞれが持つ強み、すなわち、日立キャピタルの金融サービスと、日立のエネルギーソリューションおよび、西部ガスのエネルギー供給事業者としての実績を融合させ、エネルギーサービスや電力小売りなど、社会インフラ分野での連携を強化していく考えだ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

日立キャピタル ニュースリリース
http://www.hitachi.co.jp/New/cnews/month/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る