日立建機、時代にマッチした環境性能と操作性 「ミニホイールローダ」を新発売

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 日立建機、時代にマッチした環境性能と操作性 「ミニホイールローダ」を新発売

日立建機、時代にマッチした環境性能と操作性 「ミニホイールローダ」を新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月26日 15:00

時代にマッチした新製品
日立建機は、新型ホイールローダZW-5シリーズとして、ZW30-5B(標準バケット容量0.4立方メートル、運転質量2,795キログラムを)を10月1日から発売することを明らかにした。

新製品の特長
「ZW30-5B」は、国土交通省排出ガス対策型建設機械3次基準に適合。また、国土交通省超低騒音型建設機械として環境性能に優れた新型ホイールローダである。

パワートレインにはハイドロ・スタティック・トランスミッション(HST)システムを採用し、乗降口の左右にグラブハンドル(手すり)と大型ステップを装備。アクセルワークひとつで車両の速度を制御することができるうえ、乗降性の向上を実現した。

さらに、オプション装備も豊富。ラジエータダストスクリーンや、盗難抑止効果の高い電子キーロックをオプション設定としたほか、畜産用バケット、亜鉛メッキバケット、各種除雪プラウなど、利用条件に応じたアタッチメントも用意している。

販売目標は年間1,500台
同社は、ユーザーニーズに応えるべく、新製品の操作性、安全性は従来機そのままに、作業性能、オペレータの快適性など、ホイールローダに求められる点を改良した。

なお、新製品の販売目標は、国内向けに合計で年間1,500台を見込む考えだ。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

日立建機 プレスリリース
https://www.hitachicm.com/global/jp/news-jpn/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る