ミサワホームと京セラが自家発電型住宅の実証実験を開始

更新1021

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ミサワホームと京セラが自家発電型住宅の実証実験を開始

ミサワホームと京セラが自家発電型住宅の実証実験を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月25日 16:15

災害時でもふだん通り暮らせる家を目指して
ミサワホームグループと京セラは9月24日、共同で「エネルギー自家消費型住宅」の実証実験を実施すると発表した。

ミサワホーム、ミサワホーム総合研究所、京セラが奈良県内のモデル住宅において、10月~12月にかけて実施する。

実証実験では自家発電した再生可能エネルギーを活用し、平常時は極力電力を使わず、災害などで電気やガスの供給が止まった場合は自家発電エネルギーで日常生活がどのくらいまで継続できるかを分析する。

省エネ型住宅と、高充電の発電システムを採用
実証実験が行われる住宅は、ミサワホームによる高性能断熱材仕様の「木質パネル接着工法」で建てられたモデル住宅。

高窓などの開閉、エアコンなどのオンオフを自動制御するシステムや、室内の風通しを良くするための南北通風設計、西日を遮る日よけスクリーンの設置などで省エネ化を図っている。

自家発電として搭載する太陽光発電システムと蓄電システムは、京セラ製の「マルチDC リンクタイプ」。発電した電力をためるために必要だった直流から交流への返還を不要にし、充電効率を約6%高めた。

ミサワホームグループと京セラは今後、実証実験の分析データを基に、自家発電エネルギーを活用した住宅を提案していく予定だ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

ミサワホーム株式会社、京セラ株式会社のニュースリリース
http://www.misawa.co.jp/corporate/release.pdf

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る