自然電力、地域企業の連携で大分県に「竹田希望ヶ丘太陽光発電所」を完工

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 自然電力、地域企業の連携で大分県に「竹田希望ヶ丘太陽光発電所」を完工

自然電力、地域企業の連携で大分県に「竹田希望ヶ丘太陽光発電所」を完工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月09日 19:00

地域企業の連携で完工
自然電力は、9月7日、翡翠(かわせみ)倶楽部と「希望ヶ丘ミドリエコパーク合同会社」を設立し、大分県竹田市に「竹田希望ヶ丘太陽光発電所」を完工したことを発表した。

新発電所概要
「竹田希望ヶ丘太陽光発電所」は、モジュール配置面積1.67ヘクタールを有し、発電出力は1.55メガワット、年間総発電量は、189万3,000キロワットアワーを見込む。

ファイナンスにおいては、豊和銀行から融資を調達。発電所の設計・調達は自然電力グループのjuwi自然電力が担当し、建設およびO&M(運営・保守)は、大分県由布市のデンケンが実施するという。

なお、7月29日より売電を開始。自然電力にとっては、グループ保有9件目の太陽光発電所となった。

翡翠倶楽部のプランを実現
翡翠倶楽部は、旅館業および日本料理店を手がけており、宿坊翡翠之庄を中心に、2軒の宿泊所、4軒の料理店など、幅広い事業を展開中だ。

なお、同社は、かねてより地域における再生可能エネルギー発電事業へ高い関心を示しており、今回のプロジェクトでは、自然電力が企画・開発に携わることで、同社のプランを、実現、成功させたものである。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

自然電力 ニュースリリース
http://www.shizenenergy.net/images/contents/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る