設計コンペ『木の家設計グランプリ2015』

更新425

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 設計コンペ『木の家設計グランプリ2015』

設計コンペ『木の家設計グランプリ2015』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年09月08日 21:00

日本の伝統である木造建築に焦点
2015年9月7日、株式会社木の家専門店谷口工務店は建築を学ぶ学生を対象とした設計コンペ『木の家設計グランプリ2015』について発表した。開催は9月23日、場所は滋賀県立大学を予定している。

同コンペでは滋賀県立大学教授松岡拓公雄氏含む建築家5人を審査員として招いており、最終審査会及び同人らによるトークセッションは工務店・設計事務所の方も閲覧が可能であるということだ。参加費は15,000円(昼食付)で1名の同伴まで可能。閲覧申し込みは専用サイトからになる。

伝統を取り入れたあたらしいまちづくりを目指す
日本の気候風土がはぐくんできた建築文化は『木造建築』であった。しかし近年の家づくりにおける工業化・効率化は、大量生産を可能にした反面、伝統的な素材についての知識や技術を失わせることとなった。

2015年度の同コンペ設計テーマは『となり近所との、いい関係をつくる住まい 向こう三軒両隣りを意識した暮らし方の提案』。

今後の建築界を担う学生とともに日本の木造住宅を見つめなおし、隣人と街を意識した新しいまちづくりについて考えるきっかけとなるだろう。

谷口工務店代表取締役谷口弘和氏は
「木の家設計グランプリが、日本の建築文化を守り育てるための第一歩となることを心から願っています。」(木の家設計グランプリ公式サイトより)
と語る。

(画像は木の家設計グランプリ公式サイトより)


▼外部リンク

木の家設計グランプリ公式サイト
http://www.dentoumirai.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る