工事用黒板とデジカメが一体化したタブレット「蔵衛門Pad」

更新527

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 工事用黒板とデジカメが一体化したタブレット「蔵衛門Pad」

工事用黒板とデジカメが一体化したタブレット「蔵衛門Pad」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年07月09日 18:45

新型「蔵衛門Pad」KP03-FJ登場
工事写真管理ソフト「蔵衛門御用達」を開発するルクレは7月8日、工事専用タブレット端末「蔵衛門Pad(KP03-FJ)」を発売した。

昨年発売した初版の「蔵衛門Pad」をユーザーの要望に応えてバージョンアップさせたもので、コンセプトは「電子黒板」。黒板を電子化し、画面上に配置した黒板の画像とともに工事写真を撮影できるのが特徴だ。

工事写真の撮影から台帳提出まで、一人でできる
クラウドサービス「蔵衛門クラウド」を介して黒板の文字入力から豆図の挿入、工事写真の撮影、台帳作成、完成台帳の提出までを、現場で一人で行える。その結果、従来の撮影方法と比べて、工事写真の撮影から台帳作成までの時間が約1/4に短縮された。

撮影した工事写真は「蔵衛門クラウド」の共有機能を利用して、協力会社の事務所や施主宅でもダウンロードできるので、スピーディな状況報告が可能となる。

端末価格は、99,800円(税別)。付属品として工事現場で便利に使えるハンドストラップ付きケースや、ショルダーストラップなどが同梱されている。また、クラウドサービスは、別途料金が必要。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社ルクレのニュースリリース
http://lecre.jp/news/newsrelease/2015/0708/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る