京セラ、洸陽電機、東京センチュリーリースが太陽光発電事業で特別目的会社を設立

更新426

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. 京セラ、洸陽電機、東京センチュリーリースが太陽光発電事業で特別目的会社を設立

京セラ、洸陽電機、東京センチュリーリースが太陽光発電事業で特別目的会社を設立

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年06月03日 20:00

再生可能エネルギーの普及を目指し共同事業を開始
京セラ、洸陽電機、東京センチュリーリースは共同で、太陽光発電システムを利用した売電事業を実施する。

3社は新事業のための特別目的会社「KCT洸陽合同会社」を6月1日付で、東京都千代田区にある東京センチュリーリース本社内に設立した。出資金は1億円で、出資比率は東京センチュリーリースが62%、京セラおよび洸陽電機がそれぞれ19%を担った。

3年で25メガワット以上の発電を目指す
「KCT洸陽合同会社」の事業計画では、今後3年間に合計で25メガワット以上の発電所の建設を目標に掲げた。計画が実現すると、年間発電量は一般家庭約8,100世帯分の年間電力消費量に相当する、約2万6,300メガワット時となる見込みだ。

新事業では洸陽電機が開発用地の選択から発電所の設計・建設を担当。完成後は京セラソーラーコーポレーションと共同で発電システムの保守・維持管理を行う。

京セラは太陽電池パネルの供給、太陽光発電に関する技術提供を担当。東京センチュリーリースは、発電設備のリース・ファイナンスを実施する。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

京セラ株式会社、株式会社洸陽電機、東京センチュリーリース株式会社のニュースリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2015/0507_jpwu.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る