大和ハウス工業初!「水力発電事業」に参入

更新723

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大和ハウス工業初!「水力発電事業」に参入

大和ハウス工業初!「水力発電事業」に参入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年02月05日 16:30

初の水力発電事業
大和ハウス工業は、2月4日、東芝の子会社であるシグマパワーホールディングスと坂本土木との合弁で、水力発電事業会社であるDTS飛騨水力発電を2014年12月22日に設立し、初めて水力発電事業に参入することを明らかにした。

総事業費は約28億円。同社では、再生可能エネルギーの中でも安定した発電電力量を期待できるのは、水力発電と捉えたという。

事業概要
「(仮称)DTS飛騨水力発電所」は、岐阜県飛騨市宮川町の宮川支流において2015年4月より着手される予定だ。

発電出力は約2MW、年間予定発電量は12,060MWhを見込み、発電した全電力は、大和ハウス工業が新電力として全量買い取りし、2017年11月から電力小売り事業の電力として法人企業に電力販売する。

なお、発電機は東芝製を使用し、土木工事および運営管理については坂本土木が行う計画だ。

電力小売り事業を拡大
大和ハウス工業は、今後の開発にあたって、地元住民や関係各所の協力と理解を得ながら進めていく方針である。

なお、同社は、電力小売り事業の拡大を目指し、自然再生可能エネルギーの電源開発に積極的に取り組むかまえだ。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

大和ハウス工業 ニュースリリース
http://www.daiwahouse.co.jp/release/20150204094031.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る