愛知県内2カ所に「FCV向け商業用水素ステーション」を設置

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 愛知県内2カ所に「FCV向け商業用水素ステーション」を設置

愛知県内2カ所に「FCV向け商業用水素ステーション」を設置

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月20日 15:30

商業用水素ステーション竣工式を開催
豊田通商は、1月19日、日本エア・リキードと、名古屋市熱田区と豊田市の2カ所で建設を進めていた水素ステーションが完成し、竣工式を行ったことを発表した。

なお、2カ所の水素ステーションの事業運営は、豊田通商と日本エア・リキードの合弁会社である「豊通エア・リキードハイドロジェンエナジー」が実施する。

概要
2カ所の水素ステーションは、自動車各社の燃料電池自動車(FCV)の販売開始にともない建設された。

名古屋熱田水素ステーションは、名古屋市中心部で唯一かつ初めての商業用水素ステーション。一方、豊田インターチェンジ水素ステーションは、豊田市内で初めての商業用水素ステーションであり、ガソリンスタンド併設型の水素ステーションのモデルケースとして期待が寄せられている。

なお、水素供給は、外部から調達した水素を利用する「圧縮水素オフサイト方式」を採用。日本エア・リキードが、技術、設備管理および安全管理を行い、豊田通商が経営および管理業務を行う計画だ。

水素インフラ社会に貢献
豊田通商は、今回のプロジェクトを通じて、水素インフラに関わる実績とノウハウをいかし、水素インフラ社会の普及推進に貢献する方針である。

なお、営業開始は2月中をめざす。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

豊田通商 プレスリリース
http://www.toyota-tsusho.com/press/detail/

日本エア・リキード ホームページ
http://www.jp.airliquide.com/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る