TOTO、角を作らず充分な間口を確保した「車いす対応洗面」コーナータイプを発売

更新324

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. TOTO、角を作らず充分な間口を確保した「車いす対応洗面」コーナータイプを発売

TOTO、角を作らず充分な間口を確保した「車いす対応洗面」コーナータイプを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年01月19日 10:00

狭い空間でも間口スペースを充分に確保できる
TOTO株式会社は2015年1月14日、介護施設や病院への設置に対応する、「車いす対応洗面」コーナータイプを発表した。

同社では2001年より、車いすを利用する人にも配慮した「車いす対応洗面」の充実をすすめており、今回発売する「車いす対応洗面」コーナータイプでは、設置間口700mmを確保。

アプローチ間口は車いすを使いながら洗面台に近づきやすい、1520mmとし、車いすの動線やベッドの移動、ベッドサイドの介助に配慮。

コーナーに設置することで角を作らず安心
また、コーナー部を有効活用することで角を作らず、うっかり角に身体をぶつける心配もなく安心なうえ、充分なスペースを設けることができるので、車いす使用者はもちろん、介助者もスムーズな動きができる。

車いす対応洗面コーナータイプ(エンドパネル式)は2月2日発売。写真セット希望小売価格137,000円(税別)。

2013年4月より、これまで培ったノウハウをもとに開発した高齢者施設・在宅介護に配慮した商品群「スマイルパートナー」について、今後もサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホーム等高齢者施設などに提案していく。

(画像はニュースリリースより)


▼外部リンク

車いす対応洗面コーナータイプ 2015年1月14日 ニュースリリース:TOTO
http://www.toto.co.jp/company/press/2015/01/14.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る