三井物産、タイの企業と共同で天然ガス焚きのコジェネレーション発電所を建設

更新724

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三井物産、タイの企業と共同で天然ガス焚きのコジェネレーション発電所を建設

三井物産、タイの企業と共同で天然ガス焚きのコジェネレーション発電所を建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年12月03日 10:00

タイのSPPプログラムに基づき共同推進
三井物産株式会社は2014年11月28日、タイの民間企業であるGED社とコジェネレーション(熱電併給)事業を共同推進すると発表した。

この事業では、タイの工業団地内に12件の天然ガス焚きのコジェネレーション発電所を新規に建設・運営するもの。

コジェネレーションとは、排熱利用によって動力や温熱などを取り出す形の、環境にやさしい新しいエネルギー供給システム。

総発電容量1,470MWを新規に建設・運営
同社はこれまで国内外で培ってきた、発電所事業に関するデータを活かすことで、円滑な開発・運営を実現し、電力や蒸気の安定供給を通してタイの経済発展に貢献する。

1992年にタイ政府が制定した、コジェネレーションや再生可能エネルギーなどの推進プログラム「SPPプログラム」に基づき、タイ発電公社に25年間電力の販売を行うとともに、工業団地内で余剰電力や蒸気を販売する。

総事業費は約24億ドル(約2,800億円)見込み。今後順次建設を開始し、本格的な運転は、2017年5月から2019年7月となる予定。

(画像はイメージです)


▼外部リンク

ニュースリリース - タイにおいてコジェネレーション(熱電併給)事業を推進 - 三井物産株式会社
https://www.mitsui.com/jp/ja/release/2014/1203600_5704.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る