東北電力ら山形県小国町に水力発電所建設を発表

更新221

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 東北電力ら山形県小国町に水力発電所建設を発表

東北電力ら山形県小国町に水力発電所建設を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年11月25日 05:00

19年9月稼働目指す
山形県小国町に水力発電所が建設されることが明らかになった。東北電力は同社の完全子会社で、水力発電事業を担う東星興業(仙台市)が山形県小国町の玉川に水力発電所「玉川第2発電所」を建設すると発表した。出力は1万4200キロワットで、2016年6月の着工、19年9月の運転開始を目指す。
今回建設する発電所は、東星興業が保有する玉川発電所の下流約7.6キロ、小国町足野水地区に建設する。東北電によれば、玉川は流量が豊富で勾配も大きく、水力発電に適しているそうだ。

最大使用水量は既設の玉川発電所に新設する取水ぜきから毎秒5トン、上流の放水路から毎秒20トンの合計毎秒25トンで、既設の玉川発電所と一体で運用することを目指す。事業費は明らかにしていない。

今後、地域住民への説明や地元漁協との調整などを経て、早ければ15年11月ごろに国に河川法に基づく手続きを申請する。

再生エネの導入拡大に意欲
東日本大震災後、東北電グループが手掛ける水力発電の新規事業は3例目で、今後も東北電では新規開発地点の発掘・検討を進め、グループ全体で再生可能エネルギーの導入拡大に取り組んでいくとしている。

東北電は東星興業を存続会社として、再生可能エネルギー発電事業を一元化することを表明しており、今回の案件は15年7月に東星興業などを合併し設立する新会社「東北自然エネルギー」の最初の開発事業となるという。


▼外部リンク

東北電力
http://www.tohoku-epco.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る