サウジアラビアのコンバインドサイクル発電所向け制御システムを受注

更新326

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. サウジアラビアのコンバインドサイクル発電所向け制御システムを受注

サウジアラビアのコンバインドサイクル発電所向け制御システムを受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年10月22日 18:00

サウジのコンバインドサイクル発電所向け
横河電機は、10月17日、子会社である韓国横河電機が、韓国のサムスン物産から、サウジアラビアのラービグIIコンバインドサイクル発電所向け制御システムを受注したことを発表した。

コンバインドサイクル発電は、ガスタービン発電の排熱で蒸気を発生させ、蒸気タービンを回転させて発電する複合発電方式。ガスタービン、蒸気タービン単独の発電に比べ発電効率が高く、温室効果ガスの排出も少ないため、天然ガス供給が可能な地域では多くの発電所建設が予定されているという。

(画像はホームページより)

受注概要
ラービグIIコンバインドサイクル発電所は、サウジアラビア紅海沿岸ジッダ北部ラービグに建設される、総出力210万キロワット(70万キロワットの発電ユニット3基)の大型発電所で、稼働開始は、2017年6月を予定している。

韓国横河電機はこの発電所に、ガスタービン、排熱回収ボイラ、蒸気タービンを統括して監視・制御を行う統合生産制御システム「CENTUM(R) VP(センタム・ブイピー)」を2015年半ばに納入し、エンジニアリング、据え付け支援、試運転支援、運転員訓練支援を手掛ける計画だ。

実績、能力が高く評価
今回の受注について横河電機では、多数の納入実績、韓国横河電機のエンジニアリング遂行能力、サウジアラビアでの充実したサポート体制が高く評価されたものと位置づけている。

同社はこれからも、世界の発電所向け制御事業を積極展開していくかまえだ。


▼外部リンク

横河電機 プレスリリース
http://www.yokogawa.co.jp/cp/press/2014/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る