バブコック日立、環境省から集光型太陽熱発電開発業務を受託

更新329

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. バブコック日立、環境省から集光型太陽熱発電開発業務を受託

バブコック日立、環境省から集光型太陽熱発電開発業務を受託

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月28日 15:00

低コストの集光型太陽熱発電システムを開発
バブコック日立は9月26日、環境省が推進する平成26年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業として、集光型太陽熱発電(CSP)システムの技術開発業務を受託したと発表した。

集光型太陽熱発電は通常の太陽光発電に比べ、日射量が変わっても発電出力量の変動が少ない。さらに太陽熱を貯蔵して、曇天や夜間でも電力供給が可能だ。しかしシステムが複雑なため、発電設備のコストが高くなるのが実用化を阻むネックとなっている。

(画像はニュースリリースより)

ハイブリッドな集光システムでコストを削減
バブコック日立は、集光型太陽熱発電システムのコストを削減するために、低温型フレネル蒸発器と小型タワー過熱器を組み合わせたHSTS技術を考案した。水が蒸発するまではフレネル式、それ以降の蒸気過熱はヘリオスタット式で集光を行うことで、設備費の低減が期待できる。

開発期間は3年間。集光・集熱を検証するために、三菱日立パワーシステムズ 横浜工場に専用設備を建設し、2016年の試運転開始を目指す。バブコック日立は10月1日付けで、三菱日立パワーシステムズに吸収合併されるため、合併以降は、三菱日立パワーシステムズが受託業務全体を進めていく。


▼外部リンク

三菱日立パワーシステムズのニュースリリース
http://www.mhps.com/news/20140926.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る