シンガポールの埋め立て工事で世界最新鋭の大型自航式ポンプ浚渫船が稼働開始

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. シンガポールの埋め立て工事で世界最新鋭の大型自航式ポンプ浚渫船が稼働開始

シンガポールの埋め立て工事で世界最新鋭の大型自航式ポンプ浚渫船が稼働開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年09月10日 23:00

世界最新鋭の大型ポンプ浚渫船を投入
五洋建設は、9月9日、シンガポールジュロンタウン公社から、JVで受注したチュアスフィンガーワン埋め立て工事において、世界最新鋭の自航式ポンプ浚渫船「CASSIOPEIA V(カシオペア ファイブ)」を投入し、まもなく稼動を開始することを発表した。

「CASSIOPEIA V」は五洋建設の伝統とヨーロッパの最新技術を融合させた次世代を担うフラッグシップ。同社が36年ぶりに建造した大型ポンプ浚渫船だという。

(画像はニュースリリースより)

「CASSIOPEIA V」の概要
ポンプ浚渫船は、ラダー先端に取り付けられたカッターにより海底地盤を掘削し、その土砂を浚渫ポンプで海水とともに吸い上げ、パイプラインを通じて送る作業船だ。

「CASSIOPEIA V」は、国内最大のポンプ浚渫船と比較して約1.4倍の大容量浚渫ポンプと大型カッターラダー、高性能カッター駆動装置を搭載。大量・長距離の土砂輸送が可能なだけでなく、岩盤掘削でも高い能力を発揮する。

また、厳しい海象条件下での浚渫が可能な自航式ポンプ浚渫船のため、航行区域は遠洋であり全世界での活躍することができるという。

主要マーケットはシンガポール
五洋建設は、シンガポールにおいて約50年にわたり、数々の大型プロジェクトを手がけてきた。

シンガポールでは今後も港湾を始め、エネルギー関連施設など大型インフラ案件が多数予定されていることから、同社ではシンガポールを重要マーケットと位置づけ、これからも積極的な受注活動を展開していくかまえだ。


▼外部リンク

五洋建設 ニュースリリース
http://www.penta-ocean.co.jp/news/2014/140909-2.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る