カネカ、天然界面活性剤を混合し合成界面活性剤の使用量を大幅に低減

更新1218

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. カネカ、天然界面活性剤を混合し合成界面活性剤の使用量を大幅に低減

カネカ、天然界面活性剤を混合し合成界面活性剤の使用量を大幅に低減

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月31日 01:00

天然界面活性剤で合成界面活性剤の機能を強化
株式会社カネカ(大阪市)は2014年8月22日、家庭はもちろん、建設や工業分野など幅広い分野で使用される「洗浄剤」などに使用される合成界面活性剤に、天然界面活性剤を混合することで、合成界面活性剤の量を減らしても表面張力低下効果が維持されると発表した。

(画像はニュースリリースより)

独立行政法人産業技術総合研究所との共同開発によるもの。界面活性剤は、分子中に水に馴染みやすい部分と油に馴染みやすい部分の両方を持つ性質が洗浄作用につながる性質を利用し、洗剤などに使われている。

サーファクチンの持つ特殊な分子構造を利用
微生物の発酵によって生産される天然界面活性剤「サーファクチン」を合成界面活性剤に微量混合することにより、相乗効果で合成界面活性剤を100分の1に減らしても表面張力低下効果を維持できることを実証した。

「サーファクチン」は、皮膚への刺激性が極めて低く、生分解性にも優れており、すでに化粧品などに使用されている。

この天然界面活性剤を混合することにより、世界中で大量に消費される合成界面活性剤の使用量低減に貢献。資源の有効利用はもちろん、環境への影響を軽減できることが期待される。


▼外部リンク

天然界面活性剤で合成界面活性剤の機能を強化し使用量を大幅に低減 - 最新情報 - 株式会社カネカ
http://www.kaneka.co.jp/service/news/140822

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る