手作業から自動化へ 低コストなコーティング剤の自動製造装置を開発

更新722

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 手作業から自動化へ 低コストなコーティング剤の自動製造装置を開発

手作業から自動化へ 低コストなコーティング剤の自動製造装置を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年08月30日 15:00

自動化に成功
大成建設は8月26日、神戸合成と共同で、ドライ空間が必要とされるコーティング剤の製造工程において、装置本体内部のドライ性能を保証する自動製造装置を開発したことを発表した。

これまでコーティング剤の製造は、すべて手作業に頼っていたという。

(画像はプレスリリースより)

開発概要
手作業は、生産性や品質面に限界があり、空間全体をドライ化するには多大なコストがかかる。一部分をドライ化したとしてもドライ空間を適切な状態で確保することは難しい現状があった。

しかし、両社は独自の構築法を考案。装置内の圧力管理、装置筐体構造の気密性向上を実現した。

さらに、装置内のドライ空間を保証するため、最適なドライ空間内の使用材質選定、給排気場所設定等を行ったという。

使用メリット
今回開発された技術は、自動化による製造効率と品質の向上が期待され、最小限のドライ空間を確保するだけで稼動できることから、大幅な設備投資も不要だ。

これまでは主に自動車向けコーティング剤の製造ラインに使用されていたが、リチウムイオン電池工場等のさまざまな製造ラインへの適応も可能であり、今後幅広い分野での活躍が見込まれる。


▼外部リンク

大成建設 プレスリリース
http://www.taisei.co.jp/about_us/release/2014/

神戸合成 ホームページ
http://www.kobe-gosei.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る