JICA事業モンゴル研修生が現場見学/岩田地崎建設

更新726

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. JICA事業モンゴル研修生が現場見学/岩田地崎建設

JICA事業モンゴル研修生が現場見学/岩田地崎建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年07月27日 04:00

JICA事業協力で国際社会にも貢献
岩田地崎建設株式会社(札幌市中央区、社長:岩田 圭剛)は7月9日~11日の3日間の日程で『モンゴル国寒冷地における建設工事の安全施工管理技術の向上プロジェクト』~国際協力機構(JICA)【草の根技術協力事業】の一環として、モンゴル人研修生3人が同社3現場の視察に訪れたことを明らかにした。
(画像はプレスリリースより)

プロジェクトに至る背景
この事業は、平成25年度にJICAが採択内定し、一般財団法人北海道建設技術センター・北海道建設業協力会が支援するものだ。

近年、モンゴルは経済発展および都市部の人口集中からインフラ整備、建築工事が急ピッチで進んでいるという。

他方、冬季の気象条件が厳しいモンゴルでは冬の工事はままならず、建設に適するとされる4~10月の7ヵ月ほどの間に集中的に工事を進めねばならない。

そうすると当然、施工品質が低下し、労働災害が多発するという事態を招き、中には一般市民を巻き込んでの死亡事故も少なくないという。

そこで、モンゴルの住民-とりわけウランバートル市民から建設工事現場での安全対策の徹底を求められるなど、モンゴルでは大きな関心事ないし課題となっているとのことだ。

視察概要
モンゴル人研修生3人が訪れたのは同社が着工中の北広島病院・恵庭駅西口再開発・手稲駅前再開発MSの3現場だ。

それぞれの現場を訪れた研修生たちは、工事概要や安全管理全般について、各現場事務所のスタッフの説明に真剣に耳を傾けていたという。

同社は、今回の現場視察を通じて、モンゴル国の建設現場における労働災害の低減、ならびに安全管理の向上に貢献できるよう期待を寄せているという。


▼外部リンク

岩田地崎建設株式会社 プレスリリース
http://www.iwata-gr.co.jpjica%E3%83%97.html

JICA草の根技術協力事業
『モンゴル国寒冷地における建設工事の安全施工管理技術の向上プロジェクト』
http://www.jica.go.jp/partner/kusanone/shien/mon_09.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る