丸紅、長野県茅野市の小水力発電所が竣工

更新721

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 丸紅、長野県茅野市の小水力発電所が竣工

丸紅、長野県茅野市の小水力発電所が竣工

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年05月27日 19:00

小水力発電所稼動
丸紅は、5月26日、100%子会社の三峰川電力による蓼科第二発電所(長野県茅野市)の竣工式を同日開催したことを発表した。

今回の竣工式は、2013年12月に完工し、2014年1月15日より商業運転を開始したことによるもので、三峰川電力が100%事業主となる。

(画像はニュースリリースより)

新発電所概要
東日本大震災後、再生可能エネルギーへの関心から、小水力発電事業は環境負荷が低く、今後の重要な電力源の一つとして注目されているところだ。
 
蓼科第二発電所は、長野県茅野市糸萱区の渋川大橋脇にある滝之湯堰土地改良区農業用水路に設置。一般家庭約270世帯相当分の年間電力消費量が見込まれ、発電した電力は再生可能エネルギーの固定価格買取制度を活用し、売電している。

なお、新発電所は2011年6月より運転開始している三峰川電力所有の蓼科発電所と同一水系にあるため、メンテナンスの効率化などの相乗効果が期待できるという。

両社の取り組み
丸紅は2006年から小水力発電の運営を行い、今回は国内7カ所目の案件になる。今後、2020年までに国内約30カ所の水力発電所の開発を目指し、積極的に再生エネルギーの開発に取り組んでいく。

一方、三峰川電力は今後も茅野市において、自然エネルギーを活用しながら事業化し、未来のまちづくりに貢献していく構えだ。


▼外部リンク

丸紅・ニュースリリース
http://www.marubeni.co.jp/news/2014/release/00045.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る