ジャックス、創立60周年記念事業として函館市へ太陽光発電所を寄贈

更新1022

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ジャックス、創立60周年記念事業として函館市へ太陽光発電所を寄贈

ジャックス、創立60周年記念事業として函館市へ太陽光発電所を寄贈

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年04月30日 19:00

創業の地で自らも発電事業者となる
ジャックスは4月28日、6月に創立60周年を迎えるにあたり、創業地である北海道函館市へ太陽光発電システムによる発電所を建設し、寄贈することを発表した。

なお、函館市への寄贈発電所と同規模の太陽光発電所を隣接地に建設し、発電事業も同時に開始するという。

(画像はジャックスのホームページ)

発電所概要
ジャックスが寄贈する太陽光発電システムによる発電所は、広さ1,627平方メートルの土地に容量83.16kWの太陽光発電パネルを設置し、年間発電量は、約10万kWhを見込む。

また、再生可能エネルギー固定価格買取制度による、函館市の売電収入の累計額は6,500万円超となる見込みで、売電収入は、函館市の環境整備・雇用促進等に使用される予定だ。

地球に優しいエネルギーの創出へ尽力
ジャックスは、1998年、業界で初めて太陽光発電システムの設備購入・設置工事費用を対象としたソーラーローンの取り扱いを開始した。

創立60周年を機に、創業地の函館で太陽光発電に関わる寄付をし、自らも発電事業者となることで地域社会に貢献していく。

これからも太陽光発電システムの普及へ向け、再生可能エネルギーの創出に取り組む構えだ。


▼外部リンク

ジャックス・プレスリリース
http://v4.eir-parts.net/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る