シャープ、鳥取県米子市で「シャープ大山の森 太陽光発電所」の商業運転を開始

更新926

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. シャープ、鳥取県米子市で「シャープ大山の森 太陽光発電所」の商業運転を開始

シャープ、鳥取県米子市で「シャープ大山の森 太陽光発電所」の商業運転を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月30日 13:00

新太陽光発電所の商業運転開始
シャープは3月28日、クリスタル・クリア・ソーラーが、3月26日に鳥取県米子市で「シャープ大山の森 太陽光発電所」の商業運転を開始したことを発表した。

なお、クリスタル・クリア・ソーラーは、芙蓉総合リースとシャープが共同出資して設立した合同会社だ。

(画像はニュースリリースより)

新発電所概要
今回稼働した太陽光発電所の敷地面積は約35,630平方メートルで、シャープ米子事業所内に設置された。

設置容量は約2.2MW。年間予測発電量は、一般家庭の年間消費電力量640世帯分の規模に相当する、約230万kWhになるという。

再生可能エネルギーの普及へ
シャープは、今回、クリスタル・クリア・ソーラーからの委託により、「シャープ大山の森 太陽光発電所」を建設し、発電事業の運営まで実施する。

再生可能エネルギーを普及していくため、今後も発電事業全般に取り組んでいく構えだ。


▼外部リンク

シャープ・ニュースリリース
http://www.sharp.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る