三井の戸建「ファインコート」に東京ガスの「エネファーム」を標準採用

更新726

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三井の戸建「ファインコート」に東京ガスの「エネファーム」を標準採用

三井の戸建「ファインコート」に東京ガスの「エネファーム」を標準採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年03月13日 20:00

東京ガスのガス供給区域において
三井不動産レジデンシャルは、3月12日、新築分譲戸建て住宅「ファインコート」の全戸に、東京ガスが販売する家庭用燃料電池「エネファーム」を標準採用することを発表した。

2014年3月時点で設計を開始している1部の物件より順次標準採用していく。

なお、「エネファーム」を標準採用する「ファインコート」において、東京ガスが販売するガス温水床暖房と、ミストサウナ付き浴室暖房乾燥機も同様に、全戸標準採用するという。

(画像はニュースリリースより)

環境に配慮した発電機
「エネファーム」は、分散型発電機で、省エネといった地球環境への配慮だけでなく、防災の観点からも社会的ニーズが高まっている。 

三井レジデンシャルは 東京ガスのガス供給区域で年間約700戸以上供給している「ファインコート」シリーズすべてに、「エネファーム」を採用する。 

「エネファーム」を採用することで、全家庭あわせたCO2排出量を、年間で約910トンから~約1,040トン削減できる計算になるという。

よりよい社会へ
三井不動産レジデンシャルと東京ガスは、環境にやさしい「エネファーム」を通じて、より安全で上質な暮らしへ貢献していきたいとしている。

また、エネルギー利用に配慮をしながら、省エネ・省CO2へ努めていく構えだ。


▼外部リンク

三井不動産レジデンシャル・ニュースリリース
http://www.mfr.co.jp/

東京ガス・ホームページ
http://www.tokyo-gas.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る