京セラ、公共産業用リチウムイオン蓄電システム新発売

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 京セラ、公共産業用リチウムイオン蓄電システム新発売

京セラ、公共産業用リチウムイオン蓄電システム新発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月18日 21:00

公共施設の非常用電源
京セラは、2月17日、サイクル寿命8,000サイクルの高性能リチウムイオン電池を搭載した「公共産業用リチウムイオン蓄電システム」を製品化し、国内にて太陽光発電システムを販売する京セラソーラーコーポレーションを通じて、3月3日より発売することを発表した。

この製品は、蓄電池容量12.0kWhで、サイクル寿命8,000サイクルの高性能なリチウムイオン電池を採用しているため、長期にわたって継続した電力供給が可能だとしている。

(画像はニュースリリースより)

蓄電システムの重要性
東日本大震災以降、被災地域の復興や電力需要を背景に、非常時の電源確保に必要な再生可能エネルギーや蓄電池の導入を支援する動きが進んでいる。

特に、大規模な自然災害に対する備えとして、産業用蓄電システムを導入する庁舎、公民館、学校を中心とした公共施設や企業が増加しているという。

この製品は万が一の場合でも安定した電力供給が必要とされる公共、または 産業施設において安心して使用でき、平常時や停電時などでも、使用目的や状況に合わせて選択できる「ピークシフトモード」や「自立運転モード」など6つの運転モードを搭載しているのが特徴だ。

さらに、本製品の蓄電池部分は、業界最長クラスとなる京セラ独自の10年保証に対応しているため、長く安心して使用できるメリットもある。

太陽光発電普及へ
京セラは、公共産業用市場において太陽光発電システムだけでなく、高品質な蓄電システムを合わせて提案することで、太陽光発電のさらなる普及拡大に貢献していきたいとしている。


▼外部リンク

京セラニュースリリース
http://www.kyocera.co.jp/news/2014/0203_slov.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る