ヤマト住建、内・外ダブル断熱住宅「エネージュW」発売

更新728

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ヤマト住建、内・外ダブル断熱住宅「エネージュW」発売

ヤマト住建、内・外ダブル断熱住宅「エネージュW」発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年02月14日 19:00

高気密・高断熱のダブル断熱仕様
ヤマト住建株式会社(以下、ヤマト住建)は、高気密・高断熱のダブル断熱仕様の住宅「エネージュW(ダブル)」を開発し、2014年2月13日から坪45万円~(税別)で販売開始する。
(画像はプレスリリースより)

「エネージュW」は、充填断熱+外張り断熱のダブル断熱を採用し、2013年10月1日に改定された新省エネ基準に対応している。また、木造軸組工法の弱点を強化する「金物工法」+「パネル工法」を採用し、耐震性能を重視するとともに、地震の揺れを制御する「制震SSダンパー」を標準採用することにより、耐震制震による地震に強い住宅を実現している。

断熱性能と健康の関係に着目
また、「エネージュW」は欧米諸国ではすでに常識となっている「断熱性能と健康に関係」に着目している。住宅の断熱性能を高めることは、室内の温熱環境の改善による快適性の向上だけでなく、ヒートショックの防止など、健康面においても重要な意味を持つ。
(画像はプレスリリースより)

近畿大学建築学部の岩前研究室の研究によると、住宅の断熱性能を上げることで健康状態の改善率がアップするという結果が発表されている。運動・飲酒・喫煙・断熱の4つの要素で、断熱が健康改善に最も効果があり、風邪や冷え性だけでなくアトピー性皮膚炎などのアレルギーの改善にも効果があることが分かっている。

この結果では、断熱性能基準値Q値(熱損失係数)1.9程度の住宅でより高い効果が発揮されていることが証明されている。ヤマト住建は、「エネージュW」はモデルプランでの数値でQ値1.8を実現しており、優れた断熱性能で、家族の安心と健康を守るとしている。


▼外部リンク

ヤマト住建株式会社のプレスリリース
http://www.atpress.ne.jp/view/43249

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る