ソーラーフロンティア、東北に第4の太陽電池工場建設を決定

更新228

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 太陽光>
  4. ソーラーフロンティア、東北に第4の太陽電池工場建設を決定

ソーラーフロンティア、東北に第4の太陽電池工場建設を決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月23日 21:00

150MWの公称生産能力を持つCIS薄膜太陽電池工場
2013年12月19日、ソーラーフロンティア株式会社は宮城県大衡村にCIS薄膜太陽電池工場の建設を決定したと発表した。

同工場は、同社が宮崎県に有する3つの工場に続く4番目の生産拠点として、2015年3月までに稼働を開始する予定だ。130億円を投じて建設されるこの工場には、従来よりも高性能な製品を、より効率的に生産できる最新の技術が導入される。その結果、世界トップクラスのコストで、変換効率を向上させた高性能CIS薄膜太陽電池モジュールの製造が可能になる。

また新工場建設によって創出される雇用によって、東北経済の活性化にも寄与していくとしている。

(画像はニュースリリースより)

世界最大のCIS薄膜太陽電池の生産工場を持つ
同社が2011年2月より商業生産を開始している国富工場は公称生産能力900メガワット。CIS薄膜太陽電池の生産工場として世界最大を誇っている。

また同社のCIS薄膜太陽電池は銅、インジウム、セレンを使用する独自技術で生産されており、経済効率が高く、環境に優しいことが特徴だ。デザイン面でも、内閣総理大臣表彰「第2回ものづくり日本大賞」で優秀賞を、財団法人日本産業デザイン振興会が主催する「2007年グッドデザイン賞」では、特別賞エコロジーデザイン賞を受賞している。


▼外部リンク

「第4」の太陽電池工場:東北での建設を決定
http://www.solar-frontier.com

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る