日本電業工作 土木・建設業界向け無線LAN機器を開発

更新224

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 日本電業工作 土木・建設業界向け無線LAN機器を開発

日本電業工作 土木・建設業界向け無線LAN機器を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月18日 08:00

長距離無線LANとWi-Fiアクセスポイントの両用パッケージ
株式会社日本電業工作株式会社は12月16日、土木・建設業界向けに長距離無線LANとWi-Fiアクセスポイントの両用パッケージ「FalconWAVE(R)おくだけWi-Fi」を開発したことを発表した。

(画像はニュースリリースより)

この無線LAN機器は無線機の設定をすることによって長距離無線LANとアクセスポイントでの切り替えを行うことができ、高機能アンテナを組み合わせることにより8km以上離れた地点に半径800mのWi-Fiエリア化を可能にする。

「現場の助っ人シリーズ」として展開
「FalconWAVE(R)おくだけWi-Fi」はすでに発表されている「風速・足場倒壊システム」、「資材盗難監視システム」とあわせて「現場の助っ人シリーズ」として展開される。

日本電業工作は12月20日に「工事現場のワイヤレスネットワークセミナー」を開催し、実機の展示を行う。ITジャーナリストである家入龍太氏による基調講演や「現場の助っ人シリーズ」の活用事例紹介も行われる。


▼外部リンク

株式会社日本電業工作株式会社 ニュースリリース
http://www.den-gyo.com/news/2013/20131216.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る