厚板工場の加速冷却設備を改造する設備に投資、神戸製鋼

更新330

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. プラント・工場設備>
  4. 厚板工場の加速冷却設備を改造する設備に投資、神戸製鋼

厚板工場の加速冷却設備を改造する設備に投資、神戸製鋼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年12月13日 14:00

加速冷却設備を改造
神戸製鋼は加古川製鉄所 厚板工場の加速冷却設備を改造する設備投資を決定した。2014年7月に設置工事を開始、2015年3月に完了の予定だ。総投資額は約40億円。

この投資によって、本年1月に稼動した新熱処理炉、2014年4月稼動予定の溶銑予備処理設備と合わせて、エネルギー分野向けのオンリーワン製品の拡販体制が整う。今後は厚板全体の約10%のエネルギー分野向け比率を30%まで高めていき、造船分野・建材分野と合わせた3本柱を中心とする強固な事業体をめざしている。

(画像はプレスリリースより)

安全性の確保と良好な溶接施工性
今回既存の加速冷却設備を、水冷ノズルを稠密に配置しかつ鋼板に近づけると共に、水を高圧で噴射する方式に改造することによって、鋼板の均一冷却に適しており安全性の確保と良好な溶接施工性の双方を実現する。これによってエネルギー分野向けに拡販し、造船や建材分野向け製品についても高機能化が見込まれる。

厚板事業は原料価格の高止まりと製品市況の低迷、中国・韓国における厚板生産能力の大幅な増強などにより厳しい事業環境が続いている。その一方、新興国を中心とした世界的なエネルギー需要の増大・北米でのシェールガス革命等により、石油やガスを生産・輸送する海洋構造物や、パイプライン市場は継続的に拡大すると予測される。

それに対応するため、当社では海洋構造物用鋼板やラインパイプ用鋼板の開発と拡販を進めている。海洋構造物やラインパイプに使用される鋼板の多くは、圧延直後の加速冷却設備で鋼板全体を高速で均一に冷却し、また冷却温度域を高い精度で管理することによって組織微細化を行い、破壊に対する高い安全性の確保と良好な溶接施工性を実現するためにTMCP(Timeshermo Mechanical Control Process 熱加工制御の略)が適用される。

設備詳細 
加古川製鉄所 厚板加速冷却設備

 
総投資額:約40億円
 
完工時期:2015年3月
 
冷却形式:「膜状の噴射水で冷却する方式+棒状の噴射水で冷却する方式」のコンビネーション方式
 
特長:冷却ノズルの稠密化と高圧噴射等により鋼板を均一に冷却する性能を高め、冷却温度域を高い精度で管理することが可能。
(神戸製鋼 プレスリリースより引用)



▼外部リンク

神戸製鋼 鉄鋼事業
http://www.kobelco.co.jp/steel/

神戸製鋼 厚板製品 
http://www.kobelco.co.jp/steel/

神戸製鋼 プレスリリース
http://www.kobelco.co.jp

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る