福島洋上風力コンソーシアム 実証試験の運転を開始

更新725

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 福島洋上風力コンソーシアム 実証試験の運転を開始

福島洋上風力コンソーシアム 実証試験の運転を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月16日 10:00

第1期工事を終え実証試験段階に
福島洋上風力コンソーシアムが浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業の運転を開始した。

(画像はニュースリリースより)

このコンソーシアムは丸紅株式会社、東京大学、三菱商事株式会社、三菱重工業株式会社、ジャパンマリンユナイテッド株式会社、三井造船株式会社、新日鐵住金株式会社、株式会社日立製作所、古河電気工業株式会社、清水建設株式会社、みずほ情報総研株式会社からなり、浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業は2012年3月に経済産業省より受託したもの。

第1期工事である2MWダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備1基、66kV浮体式洋上サブステーション、海底ケーブルの設置工事を完了させ、実証試験段階に入る。実証試験では気象・海象データや運転データの収集・分析、浮体式洋上風力発電の安全性・信頼性・経済性の評価を行うとともに、運転維持管理手法を確立する。

第2期工事も2014年度中に
今回の実証試験は製造業をはじめとする洋上風力発電関連産業の創出、また浮体式洋上発電設備を日本の主要な輸出産業の1つに発展させることを目標とし、2015年度まで行われる。

2014年度中には世界最大級の7MW油圧ドライブ式浮体式洋上発電設備2基を設置する第2期工事が行われる。これにより福島県沖浮体式洋上ウィンドファームの設備容量は浮体式では世界最大規模の16MWとなる。


▼外部リンク

丸紅株式会社 ニュースリリース
http://www.marubeni.co.jp/news/2013/release/fukushima_j

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る