建築技術教育普及センター 建築設備士試験合格者を発表

更新223

トップページに戻る
  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 建設業界動向>
  4. 建築技術教育普及センター 建築設備士試験合格者を発表

建築技術教育普及センター 建築設備士試験合格者を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月06日 13:00

432人が合格
公益財団法人建築技術教育普及センターは10月31日、平成25年建築設備士試験の合格者を発表した。

第二次試験(設計製図)は8月25日(日)に札幌市・仙台市・東京都・名古屋市・大阪府・広島市・福岡市で行われ、823人が受験。432人が合格し、合格率は52.5%となった。

平均は38.2歳
合格者432人の属性は職種別では空調設備関連職種が40.3%、電気設備関連職種が29.2%、衛生設備関連職種が11.8%、建築関連職種が11.1%、その他7.6%となっている。

勤務先別では空調・衛生設備工事会社が20.1%、建設会社が18.1%、設備設計事務所が14.1%、建築設計事務所が12.7%、官公庁・財団法人等が8.1%、電気設備工事会社が7.4%、その他(電力・ガス会社、不動産会社等)が19.5%。

職務内容別では設計が49.1%、施工管理が24.1%、工事管理が7.2%、行政が3.9%、その他(維持管理、積算等)が15.7%。

年齢別では29歳以下が16.9%、30~34歳が一番多い22.5%、35~39歳の20.4%、40~44歳の21.3%、45~49歳の8.3%、50歳以上が10.6%。平均は38.2歳となった。


▼外部リンク

平成25年建築設備士試験合格者の決定について
http://www.jaeic.or.jp/bmee-goukakusya.pdf

合格者受験番号
http://www.jaeic.or.jp/bmee-goukaku-no.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る