横浜市に新物流センターを建設予定、SBSロジコム株式会社が土地取得

更新1018

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 横浜市に新物流センターを建設予定、SBSロジコム株式会社が土地取得

横浜市に新物流センターを建設予定、SBSロジコム株式会社が土地取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月28日 01:00

SBSロジコム株式会社が物流センター建設のために土地を取得
SBSグループ内で物流事業の中核を担っているSBSロジコム株式会社は、10月25日、横浜市と土地約1万7千平方メートルを取得する契約を締結し、11月中に引き渡しを受ける見通しとなったと発表した。同用地には、新物流センターを建設する予定だ。

SBSグループは物流事業のコア会社として、3PL・センター物流・倉庫・流通加工・運輸・通運・国際物流・館内物流・施設移転・オフィス移転など顧客のあらゆる物流ニーズを一貫したサービス体制でサポートしている。

今回取得した土地では横浜市が横浜港の物流高度化・拠点化を進め、横浜市の経済活性化につなげる目的で公募型指名競争入札が行われ、9月19日に行われた入札においてSBSロジコムが19億19百万円で落札した。

(画像はプレスリリース)

2015年に完成予定
この土地は国道357号線に直面しており、首都高速湾岸線杉田インターに隣接。JR根岸線・シーサイドライン新杉田駅から徒歩5分と、物流だけでなく通勤にも適している。また横浜港の山下ふ頭や本牧ふ頭にも近いため、国際物流にも好立地だ。

SBSロジコムは、この土地に国際物流を核とする1万坪規模の高機能な物流センターの建設を検討している。今後は早急に施設の運用方法を含めた具体的な計画を詰めていき、来夏には建設工事に取りかかる予定だ。新物流センターの完成は2015年春から2015年秋を見通しており、投資総額は、土地代を含め40~50億円を見込んでいる。
磯子区杉田五丁目用地の概要
所在地:横浜市磯子区杉田五丁目2213番2
現況地目:宅地
面積:17150.96平方メートル(約5,200坪)
用途地域:工業地域(建ぺい率60%/容積率200%)
臨港地区:横浜港臨港地区・工業港区
用途指定:倉庫(危険品倉庫を除く)、倉庫に附属する事務所、流通業務施設
取得金額:約19億円
(SBSロジコム株式会社プレスリリースより引用)



▼外部リンク

SBSロジコム株式会社プレスリリース
http://www.sbs-logicom.co.jp/lgc/pdf/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る