福島復興・浮体式ウィンドファーム実証研究事業(第1期)の進捗と今後!

更新328

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 発電プラント>
  4. 福島復興・浮体式ウィンドファーム実証研究事業(第1期)の進捗と今後!

福島復興・浮体式ウィンドファーム実証研究事業(第1期)の進捗と今後!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年10月15日 10:00

「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」の現在
11の企業や大学からなる福島洋上風力コンソーシアムは、この度、2012年3月に経済産業省より受託した「浮体式洋上ウィンドファーム実証研究事業」において、第1期実証研究事業の進捗状況と今後のスケジュールについて発表した。

今回報告されたのは、2013年10月11日時点での事業進捗状況。

(この画像はプレスリリースより)

現時点での工事進捗状況
福島洋上風力コンソーシアムは、以下の企業・大学で構成されている。
<福島洋上風力コンソーシアム>
・丸紅株式会社      ・国立大学法人 東京大学
・三菱商事株式会社   ・三菱重工業株式会社
・ジャパン マリンユナイテッド株式会社
・三井造船株式会社   ・新日鐵住金株式会社
・株式会社日立製作所  ・古河電気工業株式会社
・清水建設株式会社   ・みずほ情報総研株式会社

(ニュースリリースより)

これら福島洋上風力コンソーシアムは、今回、現時点での「2MWダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備ならびに66kv浮体式洋上サブステーション」と「海底ケーブル」についての工事進捗状況を報告している。

「2MWダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備ならびに66kv浮体式洋上サブステーション」については、実証研究をおこなう海域に係留が済み、風力発電設備およびサブステーションの調整作業をおこなっている段階。

さらに、「海底ケーブル」においては、実証研究実施海域においての特別高圧ライザーケーブルの敷設・埋設が完了している。

今後のスケジュール
浮体式洋上ウィンドファームは、本年11月からの運転開始が予定されている。

それに向けて、10月中旬には、66kv浮体式洋上サブステーションの沈下と試験が実施され、10月下旬には、同サブステーションと2MWダウンウィンド型浮体式洋上風力発電設備の陸上からの受電がおこなわれることになる。

その後、11月には運転開始となるわけだが、気象・海象条件によっては、変更となる場合もあるようだ。


▼外部リンク

福島洋上風力コンソーシアムによるニュースリリース
http://www.shimz.co.jp/news_release/2013/2013042.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る