五洋建設など、シンガポールで大型港湾土木工事を受注

更新619

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 五洋建設など、シンガポールで大型港湾土木工事を受注

五洋建設など、シンガポールで大型港湾土木工事を受注

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年03月02日 10:45

同国に4箇所あるコンテナターミナルを西端に位置するチュアス地区に移転させる計画
2018年3月1日、五洋建設株式会社は、韓国のHyundai Engineering & Construction Co., Ltd.およびオランダのBoskalis International B.V.と共同で、シンガポール海事港湾庁(Maritime and Port Authority of Singapore)から、チュアスターミナル第二期埋立工事(Tuas Terminal Reclamation, Wharf Construction and Dredging Phase 2、以下、同埋立工事)を受注したと発表した。

同国政府は、現在同国に4箇所あるコンテナターミナルを、2040年迄に西端のチュアス地区に移転させる計画を進めている。

また、同社は、同地区において、同国政府の法定機関であるJTCコーポレーションより、1984年に最初の埋立工事、2000年に拡張工事、2014年に現在施工中のチュアスフィンガーワン埋立工事を受注しており、同埋立工事は、これに続く大型港湾土木工事の受注とのこと。
港湾土木工事の概要
同埋立工事は、岸壁延長8.6km、埋立による土地造成面積387ha、将来のコンテナ船の大型化に備えた岸壁前面水深-23mの大水深大規模コンテナターミナルを建設するもので、受注金額はJVで約1,210億円であり、同社の受注金額は約423億円となる。

また、工期は約108ヶ月で2027年3月末に竣工の予定。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

五洋建設 ニュースリリース
http://www.penta-ocean.co.jp/news/2018/180301.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る