大林組、災害時復旧工事の迅速化に貢献!測量アプリ「スマホdeサーベイ」を開発

更新719

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 大林組、災害時復旧工事の迅速化に貢献!測量アプリ「スマホdeサーベイ」を開発

大林組、災害時復旧工事の迅速化に貢献!測量アプリ「スマホdeサーベイ」を開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月23日 05:00

地形測量が簡単にできるアプリ「スマホdeサーベイ」
株式会社大林組は2月20日、地形を素早く測量できるスマートフォン用アプリ「スマホdeサーベイ」を開発した、と発表した。

現地の作業時間を90%以上も短縮可能
豪雨や地震などに伴う土砂災害では、迅速な復旧作業が求められ、現場の現状把握をする必要がある。

通常、現場の地形測量はトータルステーションなどの測量機器で行われる。この方法では、測量結果を一旦持ち帰り、パソコンなどで座標計算し図面化する必要があり、復旧作業の着手に時間を要する。

開発した「スマホdeサーベイ」は、赤外線センサーを搭載したスマートフォンにより、画面を見ながら、現地を歩くだけで点群による3次元地形データを簡単に取得し、簡単に地形を計測することができる。

地形の断面だけを測量したい場合は、AR(拡張現実)技術により、スマートフォンの画面上に断面測量用のガイド線を表示させ、線に沿って歩くだけで簡単に断面を測量することも可能である。

従来法に比べ、現地の作業時間を90%以上も短縮可能である。精度は10cm以下の起伏も測量でき、最大約500平方m範囲まで3次元地形データを取得可能である。

また、メールにより3次元点群データ・CADデータ・断面図をパソコンなどに送信し、地形の安全性評価や工事に伴う搬出土量の計算などが、効率的に測量と同時に行うことができるとのこと。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

株式会社大林組のプレスリリース
http://www.obayashi.co.jp/press/news20180220_1

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る