東電PG、新会社を設立しIoTプラットフォームサービスを開始

更新922

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東電PG、新会社を設立しIoTプラットフォームサービスを開始

東電PG、新会社を設立しIoTプラットフォームサービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月16日 08:00

変革著しいIoTビジネス業界に追従する経営スピードを実現し、さらなるサービスを拡大

2018年2月15日、東京電力パワーグリッド株式会社(以下、東電PG)は、IoTプラットフォームを提供する新会社「株式会社エナジーゲートウェイ」(以下、エナジーゲートウェイ)を設立し、4月1日より営業を開始すると発表した。

東電PGは、昨年度から、住宅や賃貸住宅におけるIoTプラットフォームの構築・活用に関する実証試験を行ってきたが、事業化の見通しを得て、変革著しいIoTビジネスに追従する経営スピードで、さらなるサービス拡大を図るため、住宅内等の電気使用状況などの情報を収集・蓄積・分析・加工できる新会社を設立することとなった。

エナジーゲートウェイの概要

エナジーゲートウェイは、センサーから得られた電力等のデータを、IoTプラットフォームで収集・分析・加工し、サービスを行う事業者に提供してサービス利用者と繋ぐとともに、スマートスピーカーと連携するなど、新たな価値を創出する。

さらに、各種プラットフォームやパートナーと積極的に連携し、将来的には、医療・介護や警備などの多様なサービスを創出していくとのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東京電力パワーグリッド プレスリリース
http://www.tepco.co.jp/

東京電力パワーグリッド プレスリリース(別紙)
http://www.tepco.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る