キヤノン、工場の自動化に貢献する2種類のソフトウエアと産業用カメラを発売

更新619

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. キヤノン、工場の自動化に貢献する2種類のソフトウエアと産業用カメラを発売

キヤノン、工場の自動化に貢献する2種類のソフトウエアと産業用カメラを発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月15日 19:00

さまざまなFAソリューションを構築
2018年2月14日、キヤノン株式会社は、工場の生産現場において自動化に貢献する、異常監視・録画ソフトウエア「Monitoring Edition」および画像処理ソフトウエア「Vision Edition」と、産業用カメラ「N10-W02」を、2018年3月上旬より順次発売すると発表した。

これらのソフトウエアをシーメンス社製産業用PC「SIMATIC IPC」にインストールし、同カメラやネットワークカメラと組合わせて、さまざまなFAソリューションを構築できるとのこと。
製品の概要
「Monitoring Edition」は、マイルストーンシステムズ社のビデオ管理ソフトウエア「XProtect」に、PLCとの通信ができる機能を組み込み、ネットワークカメラで撮影された映像から問題発生時の場面を切り出してHDDなどに自動録画できるソフトウエアで、見たい映像を容易に抽出できるため、生産設備の早期復旧に貢献する。

一方、「Vision Edition」は、「N10-W02」やネットワークカメラと画像処理技術を組合わせて、バーコードの読み取り作業や、資材配置の点検などを行うソフトウエアで、株式会社デンソーウェーブ製の小型アームロボット「COBOTTA」と連動させて、対象物をつまみ上げて定位置に配置する作業など、工場の単純作業の自動化に貢献する。

また、「N10-W02」は、AF(オートフォーカス)・AE(自動露出)を搭載したレンズ一体型の産業用カメラで、ロボットの目の役割を担うことができる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

キヤノン ニュースリリース
http://global.canon/ja/news/2018/20180214-2.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る