三菱地所など、自律飛行ドローンによる地下トンネル内の点検実験を実施

更新1213

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 三菱地所など、自律飛行ドローンによる地下トンネル内の点検実験を実施

三菱地所など、自律飛行ドローンによる地下トンネル内の点検実験を実施

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月08日 20:00

地下の洞道内で、自律飛行ドローンによる点検実験を実施

三菱地所株式会社、丸の内熱供給株式会社、ブルーイノベーション株式会社、株式会社Liberawareは2月6日、東京都千代田区の複合ビル「丸の内オアゾ」周辺の地下に位置する熱供給用洞道で、自律飛行ドローンを用いた点検実験を実施した、と発表した。

GPS信号が届かない狭小な地下空間で動画撮影

熱供給用洞道は、エリア内オフィスビルの空調用エネルギーを供給する蒸気配管や冷水配管、通信線などが収められた、内径2m程度の狭小な地下トンネルである。地下20mより深いところに設置されているため、地震等による影響が少ない。

ドローンは、通常屋外飛行を目的に開発されており、GPSを用いた位置制御技術が用いられる。

しかし、今回の地下実験では、GPS信号が届かないため位置制御技術は使用できない。ドローンは、通路幅約60cmという狭い屋内空間内で、センサーにより自らの位置を認識しつつ周囲の配管に衝突しないで、洞道を自律飛行する必要がある。

実験に使うドローンは、機体が約20cm幅で、洞道内を自動航行で往復させ、その様子を動画撮影した。

今後、人が入りにくい場所や危険な場所における、日常点検の効率化や質の向上が期待される、とのこと。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

三菱地所株式会社のニュースリリース
http://www.mec.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る