JFEスチール、「環境調和型溶銑予備処理プロセス」が低CO2川崎ブランドに認定される

更新1213

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. JFEスチール、「環境調和型溶銑予備処理プロセス」が低CO2川崎ブランドに認定される

JFEスチール、「環境調和型溶銑予備処理プロセス」が低CO2川崎ブランドに認定される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年02月03日 23:00

CO2排出削減に寄与するものを川崎市が認定する制度

2018年2月1日、JFEスチール株式会社は、同社の「環境調和型溶銑予備処理プロセス」(以下、同技術)が、「低CO2川崎ブランド」(以下、同ブランド)として認定されたと発表した。

同ブランドは、ライフサイクル全体でのCO2削減を促すために、川崎市内で製造または研究開発され、特にCO2排出削減に寄与する製品・技術を同市が認定する制度だ。

2018年2月1日に、とどろきアリーナ(同市中原区)で開催中の「川崎国際環境技術展2018」内で行われた認定結果発表会において、証書が授与された。

「環境調和型溶銑予備処理プロセス」の概要

同技術では、製鋼工場において、副原料の使用量を削減し歩留りを向上させるために、高炉から出銑された溶銑に含まれる珪素や硫黄、リンなどの不純物を予め除去するプロセスにおいて、新たに、投射用のランス(ノズル)を設置し、高速の搬送ガスと共に脱硫剤を溶銑上に吹き付ける「脱硫剤投射法」を開発した。

この方法では、脱硫剤が微細の状態のまま直接溶銑内に添加されて凝集成長が抑制されるため、脱硫剤と溶銑との反応が促進し、脱硫効率が1.3倍向上して、CO2の排出が削減されるとのことだ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

JFEスチール ニュースリリース
http://www.jfe-steel.co.jp/release/2018/02/180201.html

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る