東芝エネルギーシステムズ、セブン-イレブン向け純水素燃料電池システムが運転を開始

更新925

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 東芝エネルギーシステムズ、セブン-イレブン向け純水素燃料電池システムが運転を開始

東芝エネルギーシステムズ、セブン-イレブン向け純水素燃料電池システムが運転を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月26日 07:00

店舗内で使用する外部調達電力量が減り、コスト削減に貢献

2018年1月25日、東芝エネルギーシステムズ株式会社(以下、東芝エネルギーシステムズ)は、「セブン-イレブン 千代田二番町店」(以下、同店)に納めた700W純水素燃料電池システム「H2Rex(エイチ・ツー・レックス)」(以下、同システム)が、運転を開始したと発表した。

同店は、株式会社セブン-イレブン・ジャパン(以下、セブン-イレブン)本社内の『ひとと環境にやさしい店舗』で、同システムにより、店舗内で使用する外部調達電力量が減り、コスト削減に貢献すると期待される。

純水素燃料電池システム「H2Rex」の概要

同システムは、水素を直接用いて発電するため、CO2を発生しないクリーンな発電システムで、この度稼働したシステムは、岩谷産業株式会社から供給される水素ボンベの水素を使用している。

また、セブン-イレブンは、店舗燃料電池車用の水素ステーションを併設したコンビニエンスストアを東京都内と愛知県、宮城県に開店するなど、環境配慮型の店舗を拡大して、水素社会に向けた取り組みを積極的に進めており、東芝エネルギーシステムズは、東京都内や仙台市内の当該水素ステーション向けに同システムを納入している。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

東芝エネルギーシステムズ ニュースリリース
https://www.toshiba-energy.com/info/info2018_0125.htm

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る