ZMP、物流支援ロボット「CarriRo」の2018年モデルの受注を開始

更新621

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. ZMP、物流支援ロボット「CarriRo」の2018年モデルの受注を開始

ZMP、物流支援ロボット「CarriRo」の2018年モデルの受注を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月26日 02:00

ZMPオフィスで導入説明会を開催
2018年1月24日、株式会社ZMPは、物流支援ロボット「CarriRo(キャリロ)」(以下、同ロボット)の2018年モデル(以下、同モデル)の受注を開始し、3月より出荷を開始すると発表した。また、ZMPオフィスで導入説明会を開催する。

同ロボットは、荷物の運搬に使う台車をロボット化したもので、ジョイスティックの力を検知してアシストする機能、ビーコン(発信機)を自動追従する機能や指定エリア内を自律移動する機能などを持ち、物流倉庫のピッキング作業、工場内の工程間搬送や空港・商業施設内などの館内物流において、搬送作業負荷の軽減や省人化・効率化に貢献している。
CarriRo 2018年モデルの特徴
同モデルは、可搬重量が従来の100キロから150キロへと向上し、ソフトスタート/ストップ機能が搭載されたため、発進・停止時の積載物への衝撃が緩和されて操作者の直感に合わせて容易に操作できるようになった。

また、ジョイスティックの応答性とビーコン追従性を改良するとともに、ビーコンを自動追従するカルガモモードでのUターン機能を搭載し、1.5メートル程度の通路でのUターンが可能となったため、従来より狭い場所での運用に対応できるようになった。

さらに、タブレットのセルフメンテナンスツール「CarriRoピッピ」上で、顧客がソフトウェアをアップデートできるようになったため、機体を常に最新の状態に保持できる。

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

ZMP ニュースリリース
http://www.zmp.co.jp/news/pressrelease_20180124?lang=jp

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る