シェルター、木質耐火部材COOL WOODが3時間耐火認定を取得

更新923

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. シェルター、木質耐火部材COOL WOODが3時間耐火認定を取得

シェルター、木質耐火部材COOL WOODが3時間耐火認定を取得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年01月18日 14:00

木質部材の3時間耐火認定は日本初

2018年1月17日、株式会社シェルターは、木質耐火部材COOL WOOD(クールウッド、以下、同耐火部材)柱・梁において、3時間耐火の国土交通大臣認定を、2017年12月22日付で取得したと発表した。

同耐火部材は、核となる木材を石こうボードで囲み、外側をさらに木材で覆っているため、木の温もりを活かした建物をつくることができる。木質部材の3時間耐火認定は日本初だ。

なお、3時間耐火性能試験では、試験体に荷重を加えた状態で、1,000度を超える炉内で3時間燃焼した後も、試験炉を閉めきったまま9時間残置させる。試験開始から12時間後に炉を開けて試験体の被膜を剥がし、荷重支持部に炭化痕(焦げ目)がない木肌を確認する。

同試験の趣旨は、火災の際に、長時間に亘って消火活動できない場合でも自然に鎮火し、建物が崩壊しないことだ。

木質耐火部材COOL WOODの特徴

同耐火部材は、内部の「荷重支持部」には木材、中間部の「燃え止まり層」には石こうボード、「表面材」には木材を使用した三重構造になっている。

また、「表面材」の木材には、すべての樹種を選ぶことができ、JAS製材や不燃・準不燃・難燃処理を施した木材も使用可能だ。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

シェルター 最新情報
http://www.shelter.jp/news/main/2902

シェルターの技術COOL WOOD
http://www.shelter.jp/technical/coolwood

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る