積水ハウス、最新VR(バーチャルリアリティ)技術を導入し360度3D空間体験が可能に

更新1219

  1. 建設・設備求人データベースTOP>
  2. ニュース>
  3. 積水ハウス、最新VR(バーチャルリアリティ)技術を導入し360度3D空間体験が可能に

積水ハウス、最新VR(バーチャルリアリティ)技術を導入し360度3D空間体験が可能に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年12月26日 09:00

IT経営の強みを生かしたプレゼン強化

2017年12月25日、積水ハウス株式会社は、最新のバーチャルリアリティ技術(以下、同VR技術)を駆使して、顧客向けのプレゼンを強化すると発表した。

従来の3Dプレゼンは、専用システムにより場所や機材等に制約があるうえに、図面から高精度の3Dを制作するには莫大な時間を要していた。

同VR技術では、オリジナルCADデータをサーバーに送ることで、VR画像に自動変換できるため、設計からプレゼンまでのタイムラグを大幅に短縮するとともに、同社内のCADシステムで作業が完結するため、大幅な業務効率化が図られるとのこと。

異なるプランを最新の精巧なVR画像で立体的に確認

同VR技術では、広いリビング・吹き抜け空間・大開口部の雰囲気・木質仕上げの質感などを360度3Dで体験でき、独自のCADシステムと連動させて、邸別に自由設計したオリジナルプランに即して短時間にVR空間を体験できる。

また、オリジナルプランのVR用データを自宅に持ち帰り、スマホを使って臨場感のある空間を体験できるため、家族で住まいづくりのプロセスを楽しむツールとしても活用できる。

さらに、対面のプレゼンでは、面談後に繰り返し気になる場所を確認することが容易ではなかったが、同VR技術では、何度でも納得するまで確認できるため、折衝プロセスそのものの満足度がより一層高まる。

(画像はプレスリリースより)

▼外部リンク

積水ハウス プレスリリース
http://www.sekisuihouse.co.jp/

関連テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

建設・プラント業界 最新ニュースTOPへ戻る